カードローンはいくらまで借入れできるか

カードローンやキャッシングを利用したいと考えた時、いくらまで借入できるかが気になるという人も多いでしょう。
消費者金融の場合、総量規制の対象となる為、利用できる金額は年収の1/3までとなります。
ただ、審査を受けて契約をすれば、いきなりその上限の金額まで利用できるようになるかといえばそうではなく、審査の際に提出した希望額とその人の条件から限度額が設定されます。
その金額は人によって異なりますが、最初は多くても50万円以内となる事が一般的です。
10万円程度から始まるという人も多く、最初はその範囲内で借入と返済を繰り返していく事になります。
返済をしっかりと行っている等、利用状況に問題がなければ増枠をする事で、利用可能な金額を増やす事も可能です。
それに対して、銀行というのは総量規制の対象とならない為、上限となる金額は業者が独自に設定しています。
その上限は高めで500万円や800万円、中には1000万円までとなっている事もあります。
総量規制の対象とならない為、年収の1/3を超えていても利用可能となります。
ただ、審査を受けて契約をする時にはその人に合わせた限度額が設定されます。
500万円等は、あくまで上限となる金額で、利用をすれば全員が500万円や800万円を借りる事ができるようになるかといえばそうではありません。
カードローンの目的は人によって様々です。
足りない生活費や、欲しい物ができた時に少しだけお金を借入したいという人もいれば、様々な事情で高額融資を受けたいと考える人もいます。
まとまった金額を借りたいと考えた場合、総量規制の対象になる消費者金融を選ぶよりも、それよりも更に上の上限も期待できる銀行を選んでおくという方が、希望通りの金額を借りる事ができる可能性が高くなります。
高額融資を希望する場合は、手軽に利用できるWEB申込や契約機ではなく、店頭窓口まで脚を運び、そこで相談をする事がおすすめです。