お金借りたいとき無職でもよい方法とは

お金借りたいと考えたときに、最初に思い浮かぶ借入方法はカードローンという方が多いです。
即日で審査が終わりますし、会社勤務をしていればかなりの確率で借りることができます。
80%以上の確率で審査に通過でき、少額なら派遣やアルバイト・パートなどの非正規雇用の方でもOKです。
消費者金融から借りる場合は、年収の3分の1までしか借りることができません。
1社目ほど借りやすいと言われる理由は、まだ借入残高がゼロだからです。
2社目になると1社目の借入があるので、それを考慮して金額を決める必要があります。
総量規制では他社の借入分も含めて計算するので、すでに他社で年収の3分の1を借りている場合、それ以上の利用はできません。
銀行カードローンの場合は専業主婦には対応してくれることがありますが、これは家庭として見た場合に収入があるからです。
配偶者の年収を元にして融資額が決定されますが、銀行が借入できる理由は総量規制の対象外になるからです。
例えば消費者金融の場合だと、年収がゼロだと3分の1にしてもゼロのままでしょう。
それゆえ総量規制の対象外となる銀行や信用金庫などでないと借りることができないのです。

お金借りたいという方の多くは、生活する資金がないという現実があります。
欲しいものなら我慢すればいい話ですが、固定費はどんなに節約をしてもある程度はかかります。
生活資金が底をついてしまった場合は、即日で借りたいと思うのは当然なのです。
しかし専業主婦を除いて、無職だとお金を借りることはできませんから、先輩に少し借りるなどの方法を選択する方が多いようです。
家族にはお金の心配をさせたくないという方も多く、家族には言い出せない方は多いと言えます。
本当は家族から借入するのがベストでしょうが、家計管理や節約意識にまで文句を言われてしまうことはあるでしょう。
少額の借入なら収入証明の提示が不要になることが多いですが、無職の状態で申し込みするのはルール違反と言えます。