金融ブラックでもお金借りたい人はどうすればいい?

過去に借金の返済で延滞・滞納や自己破産などの法的な債務整理の経験者(ブラック)の人であれば、銀行カードローンや大手消費者金融からお金を借りることはかなり困難です。
それでもどうしてもお金借りたい、という場合にお金を貸してくれる消費者金融も存在しています。
銀行や大手のサラ金からはお金が借りられなくても、中小規模の貸金業者であればブラックの人に対してもお金を貸してくれる会社が多く存在します。
中小の貸金業者の多くは最高限度額が100万円以下と少額で、自社のATMを持っていない会社は指定した銀行口座への振込キャッシングによって融資が受けられます。
それでも最近は中小規模の会社でも専用のローンカードを発行して、コンビニなどの提携ATMを利用して手軽に借入や返済ができるケースも増えています。
中小規模の会社で適用される金利は、融資金額または限度額が10万円未満であれば年率20%、10万円以上100万円未満であれば年率18%です。
利息制限法で定められる上限金利と同じ利率が適用されます。
一般的に金利が高いほどローン審査が甘くなります。
このため大手よりも中小規模の金利が高い会社の方が、ブラックの人でもお金を貸してくれる可能性が高いということです。
10万円未満の金利が20%ということは10万円未満の少額融資であれば、過去に金融事故を経験したことがある人でも融資が受けられる場合があります。
審査が甘いローンサービスの探し方ですが、公式サイトのQ&Aまたは「よくある質問」のコーナーなどを調べてみることができます。
質問の項目の中に、“過去に借金の返済で延滞をしたことがあるのですが申込みができますか?”などの質問に対して、答えとして“現在のお客様の状況に応じて柔軟に判断します”などの文言が含まれている場合には、基準が甘い会社であると判断することができます。
インターネット上の掲示板や口コミサイトでも、ある程度参考になる場合があります。